バリュー投資のメリット・デメリット

バリュー投資というのは、市場からあまり注目されずに株価が割安にもかかわらず放置をされている銘柄に株式投資をする方法となっています。

機関投資家から個人投資家まで割安な銘柄を特に好んで買うというケースは多いのですが、バリュー投資のメリットとしては値下がりリスクが低いという点に有ります。
すでに割安の状態で放置されていることから、それ以上下がるということは更に割安感が出るので下支えが期待でき値下がりしにくいという利点があるのです。
また、割安であることからいずれ適正水準の株価になるのではという期待もあり下値は限定的で上値を期待しやすいので、投資をしやすいという利点があります。

デメリットとしては割安で放置されているには理由があり、注目を集めなければ簡単には株価が上がらないという点にあります。
割安で放置されている銘柄は事業内容的にも伸び代がないことが多く、業績が安定していても伸びていくということも期待できないので株価の上昇を期待すると買いづらいものとなってしまいます。
いくら割安であっても上昇する理由がないのであれば、株を保有していても値上がり益を期待することができないためどうしても投資の優先順位としては低くなってしまいます。
そのため、割安だとわかっていてもなかなか注目をあつめることがなく、いつまでたっても割安のまま放置されるということは多くいつまでたっても株価が変わらず資金だけが拘束されてしまうということになります。

このようにバリュー投資というのはリスクは少ないものの、リターンも少ないローリスクローリターンの方法となっているので安定して利益を手にしたいと考える人には適した投資方法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です