タグ別アーカイブ: 財務諸表

バリュー投資で必要な財務諸表分析

個人投資家の株式投資の方法としては、企業の株価が割安になっているところを買うバリュー投資が挙げられます。バリュー投資を行う上では、財務諸表の分析をすることが必要になってきます。

財務諸表としては、まずバランスシートを分析することが重要です。バランスシートでは、企業の保有している資産がどれくらいあるのかをチェックしていきます。次に企業の資産から債務を引いた純資産が株式の時価総額に対して、どの程度になっているかの株価純資産倍率を算出します。この株価純資産倍率が1を割れているような企業は株価が割安に放置をされている可能性があるため、バリュー投資としての対象企業になり得ます。

次に財務諸表として損益計算書を分析することも大事となってきます。損益計算書では売上げや営業利益、経常利益の前年比の伸び率をチェックしていきます。また、損益計算書では過去数年にさかのぼってチェックする必要も出てきます。過去数年間のチェックによって、企業の業績動向が掴めるようにあります。

さらに本決算の損益計算書の純利益が、株式の時価総額に対して何倍まで買われているかを示す株価純利益率を算出します。株価純利益率が低い企業ほどにバリュー投資では買いの対象をなりやすくなってきます。しかし、株価純利益率が低くても業績が縮小傾向の企業では、株価が割安とは言えないために注意が必要となります。

なお、近年では財務諸表でもキャッシュフロー計算書が重視される傾向も起こっています。キャッシュフロー計算書を見ることで、企業が年間でどのくらいのキャッシュを生み出しているかが分かります。このキャッシュフローの額を基にして、企業の株価が割安がどうかを判断する方法を取ることができます。